気ままに語学

趣味は語学です。

独検二級対策と聞き取り

 6月にある二級を受験することにしました。もう二ヶ月切ってますがやばいです。毎朝通勤時間を利用して単語帳を眺めていましたが、脳内スルーしてたようでますますヤバいです。

 で、今回は聞き取りについてです。

 

 義務教育時代の英語ん時から聞き取りというものが苦手なので、Deutsche Welle(以下DW)のlangsam gesprochene Nachrichtenを聞いてみたりもしてたが、わかったふりをしていて実は正確な理解からは程遠いのでは?ぶっちゃけBGM化してない?と思い、聞き取り以外にも効果的というディクテーションを始めてみた。

 最初はDWのA2レベルの内容で聞き取りをやってみようとしたが、これがすんげー難しくすぐに挫折した。というのは、そこそこの長さの文章を頭に留めて書き留めるという作業自体が自分には困難だったのだ。もともと私は聞き取りそのものが苦手で、更に集中力がすぐ切れるときたから、そんな哀れな己に合った無理のない方法を取らなければならなくなった。

 そこで選んだのが、三級受験の際に利用した単語帳の音声教材である。その例文部分をディクテーションすることにした。接続法が使われてなかったり、関係詞もなく文の構造がかなり単純だったりと、内容としては二級対策として不足では?と思われるかもしれない。しかし、聞き取り自体にストレスを感じつつある身としては、これぐらいの短文で慣らしていったほうがいいようだ。また、基本単語の復習にもなる。当たり前のことだが、簡単な文章の中ですら冠詞や人称変化などの文法事項の正確な知識が求められてくる。よく聞き取れなかった部分も、その知識によって補うことができるわけだ。

 いろいろ効果的なようなので、まずこの単語帳の方を完璧に近くディクタートできるようにして、それから先程挫折したDWに行こうかと思う。もちろんLangsam〜も並行して利用したい。

 

 

 こんな感じで聞き取り対策始めて気づいたことや自分がこれ苦手だなーと思ったことをいかに箇条書きしてみた↓

・ihmやihnは動詞とつなげて発音されているように聞こえる。英語でいるファッキュー!みたいな

・語頭以外の定冠詞はかなり弱く発音される。特に前置詞の直後のdemとかdenとか。

・ありきたりだがいまだにRとLの聞き分けができていない。ヤバいね。

・eとäもナチュラルスピードに近いと聞き分けられない。

ieと長音のeは似たように聞こえる。

 

一番まずいのはモチベーションが下がってることなんだが・・・

とりあえずがんばります。